PHOTOBOOK & CD 北海道讃歌

  • 北海道讃歌〈表紙〉

    北海道讃歌〈表紙〉

  • 北海道讃歌〈中ページ〉

    北海道讃歌〈中ページ〉

日本最北の四季・風土・生命を「写真」と「音楽」で讃える——CD付き写真集
歌旅座の誕生時から今日まで協業してきた飯塚達央さんは、
大阪市に生まれて北海道に移住、現在は写真の町・東川町に
自身のフォトスタジオを構え、同町の町議員をも務めるという異色の写真家です。

彼がファインダー越しに見つめてきた北の大地の多彩な写真の数々と
歌旅座が全国公演で演奏してきた大切な北海道ソングを再録音・再整音したCDのセット。
これが、私たちの最新コラボレーション作品『PHOTOBOOK & CD 北海道讃歌』です。

2010年にリリースした、現在もステージで人気の「北の暦」から、
今年3月に一部廃止となった鉄路をテーマとして話題となった
「さよなら根室本線」までの音楽を聴きながら、
飯塚さんの美しく力強い写真を心ゆくまでご堪能ください。

[CD収録曲]
 1. サヨナラ留萌本線 (2023年3月に廃止となった石狩沼田―留萌間の記憶を音楽に) 
 2. オロロン守り唄 (国内では羽幌町の天売島にのみ生息するオロロン鳥の親子をモチーフ)
 3. 風は友だち (大空町の依頼により、同町在住者の歌詞を元に歌旅座で作曲)
 4. ハルニレの詩〈うた〉 (豊頃町のシンボル、ハルニレの木をテーマに歌旅座で作詞・作曲)
 5. 北の暦 (道外とは異なる北海道の四季の訪れを祝福する定番曲)
 6. どさんこどんどん (道産子の心意気を高らかに宣言する曲)
 7. さよなら根室本線 (本年3月に廃止となった富良野―新得間への鎮魂歌)  
 8. 白い夜 (飯塚氏が出版した写真集に触発されて誕生) 


価格:2,500

注文数 :